コンサルタントの逍遙

▲メインサイトへ戻る

カテゴリ

▲メインサイトへ戻る

以前の記事

▲メインサイトへ戻る

最新のトラックバック

▲メインサイトへ戻る

検索

▲メインサイトへ戻る

人気ジャンル

▲メインサイトへ戻る

ファン

▲メインサイトへ戻る

記事ランキング

▲メインサイトへ戻る

ブログジャンル

▲メインサイトへ戻る

画像一覧
<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
第77回大阪ベンチャー研究会のご案内
いよいよ梅雨に入り、昨日も雨でした。梅雨と聞くと人間にとっては、うっとうしい感じを持ちますが、適切に雨が降ることで、農作物や植物は育ち、恵みの雨となります。我々人間は元来欲が深く、この適切ということを忘れてしまい、肝心要のもを駄目にしてしまうことが最近目立つようです。
天候も適切な・・・ということを最近は無視して、ゲリラ豪雨や竜巻などという我々子供の頃にはなかったものが出現しています。さて、この対策をどうすべきか・・・。
6月7~8日にインテックス大阪で開催された第6回「地域防災防犯展」に行ってきました。その中でゲリラ豪雨や津波対策として、電気ではなく、水の力で防潮板を起こす「寝ずの番」という装置が展示されていました。

6月度も「ものづくりとベンチャー」のテーマで、大阪ベンチャー研究会が開催されます。
ベンチャー企業&第2創業に関心のある方は、是非ご参加ください。

                     記

   日時:2012年6月16日(土)14:00~17:20(研究会)、17:30~(懇親会)
   場所:日刊工業新聞社大阪支社ビル10階   

第1部:14:00~16:20 事例報告:統一テーマ「ものづくりとベンチャー」

第1報告:「山いもパウダー(山芋粉末)と歩いた35年」
◆講師:東 忠男氏(ブランケネーゼ株式会社 代表取締役)
◆東 忠男氏プロフィール 
1965年4月 ユニチカ㈱(旧日本レイヨン㈱) 在籍海外プラント輸出技術室に勤務し、ユーゴースラビア、ルーマニア向け、等のレイヨン製タイヤコード製造工場、韓国向ポリエステル製造工場の建設にたずさわる。勤務の傍ら、名城大学第2理工学部機械工学科にて夜学生、
1971年4月 ドイツ・ハンブルク大学留学Betriebswirtschaftlehre 経営学Fachhochschulen Hamburg 、留学Maschinenbau、機械工学 ドイツ・フィリップスの給費生として在籍の傍ら、真空凍結乾燥機の開発、及び用途開発にたずさわる。
1977年1月 創業 
1978年4月  ブランケネーゼ株式会社を設立し、高圧ガス圧力容器、熱交換器、ボイラー用高圧容器を設計、製作の傍ら、フリーズドライ製法で山の芋を粉末化し、山いもパウダーの商品名で日本で最初に、スーパーや量販店の店頭で新発売し、現在に至る。
1990年4月 冷凍「すりおろし山の芋」を新発売以後は、山いもパウダーや冷凍「すりおろし山の芋」を普及させる為、あるいは原材料の作付け普及を展開する目的で全国を歩く。
山いもパウダー(粉末・山の芋)の応用商品、山芋入りお好み焼粉、たこ焼粉等のミックス粉、山芋入りそば・うどん・素麺、これがホンマの大阪みやげお好み焼・たこ焼、"踊る!たこ焼器"、冷凍「すりおろし山の芋」の応用製品、麦とろろご飯、とろろそば等の山かけ製品、とろろ弁当、山の芋の形状不良品を利用した山芋焼酎の開発に携わる。
◆講演概要
 山いもパウダー(山芋粉末)と歩いた35 年
1. 日本で最初に、フリーズドライ製法で、山芋を粉末にした時のキッカケ
2. フリーズドライ技術との馴れ初めと魅力発見
3. 新商品販売をする上でのニュースリリースとパブリシティーリリース
4. 新商品開発のプロセス手順と応用商品の数々ー誰もやっていない領域に入る時の魅力ー
5. 新商品開発を想いつく動機と、発明発見・想像力等とその視点

第2報告:「高出力を可能にする高熱伝導材料の開発」  
◆講師:野上 美郎氏(株式会社サーモグラフィティクス 代表取締役)
◆野上美郎氏プロフィール
 1984年 2月 日本テキサスインスツルメンツ入社
 1996年 6月 日本テキサスインスツルメンツ品質保証部長
 2002年 7月 日本テキサスインスツルメンツWW・DISP製品部事業部長
 2005年 1月 株式会社東京カソード研究所入社
 2005年10月 株式会社ビーテックジャパン代表取締役社長
 2007年10月 株式会社東京カソード研究所執行役員プローブカード事業部長
 2008年 6月 株式会社東京カソード研究所取締役プローブカード事業部長
 2009年 1月 株式会社東京カソード研究所取締役電子部品事業部長
 2009年 6月 株式会社サーモグラフィティクス設立 代表取締役
◆講演概要
     1.スマートグリッド
     2.高出力と発熱による問題
     3.熱伝導について
     4.高熱伝導複合材COMPOROID

第3報告:「モノづくり企業を活性化する4つの秘訣~ネジザウルスGTの開発から得られた「MPDP」
◆講師:高崎充弘氏(株式会社エンジニア 代表取締役社長)
◆高橋充弘氏プロフィール
1955年 神戸市生まれ 
1977年 東京大学工学部卒業後、三井造船(株)入社、ディーゼルエンジン技師として10年 
       間勤務
1983年 米国レンスラー工科大学 修士課程卒業
1987年 家業を継ぐ形で双葉工具株式会社(現 エンジニア)入社
2004年 株式会社エンジニア 代表取締役社長就任
<主な受賞歴>
2009年 グッドデザイン賞 ネジザウルスGT、DIY協会会長賞 ネジザウルスGT
2010年 近畿地方発明表彰「大阪府知事賞」高崎充弘(ネジザウルス)、大阪ものづくり優良
    企業賞 株式会社エンジニア、大阪ものづくり発明大賞 高崎充弘(ネジザウルス)
2011年 iF product design award 2011受賞(Neji-saurusGT)ドイツ・ハノーバー、大阪産業創造館 サンソウカンアカデミー大賞 2部門受賞、第36回発明大賞「発明功労賞」ネジザウルスGT、第23回中小企業優秀新技術・新製品賞「優良賞」受賞 ネジザウルスGT、第11回ホビー産業大賞受賞 ネジザウルスGT、全国発明表彰「日本商工会議所会頭発明賞」受賞 ネジザウルスGT、知的財産管理技能士表彰(第一回)受賞
2012年 文部科学大臣表彰「科学技術賞」(技術部門)、知財功労賞「特許庁長官賞」
資 格 知的財産管理技能士 交流委員 /静電気ESD COORDINATOR
 
◆講演概要
◇かゆい所に手が届く、e道具たち◇
 1.はじめに
 2.MPDPの概要(1.マーケティング、2.パテント、3.デザイン、4.プロモーション)
 3.MPDPの詳細(1.マーケティング、2.パテント、3.デザイン、4.プロモーション)
 4.まとめ
石油もレアメタルもない資源小国の日本が、東日本の復興を果たし、更なる発展を続けてゆく為には、付加価値の高い商品を開発、製造して、世界に販売してゆくことが大切であると考えています。その為に中小モノづくり企業に必要なことは「MPDP」であると確信しています。弊社は今後とも「MPDP」に磨きをかけて、社会に役立つ、皆様に喜んで戴ける商品を鋭意開発していきたいと考えております。 

第2部 17:30~19:00 「交流会・懇親会」(うまいもん処「くねんぼ」)

詳しくは、大阪ベンチャー研究会 http://www.osakaventure.com/ をご参照ください。


◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆ 
  株式会社アルファ経営システム研究所 http://homepage1.nifty.com/alpha-consultant/      
◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆ 

        
[PR]
by alpha-blog | 2012-06-10 19:44 | ベンチャー