コンサルタントの逍遙

▲メインサイトへ戻る

カテゴリ
全体
ベンチャー
企業理念
企業ビジョン
経営戦略
単年度経営計画
マネジメントシステム
オペレーティングシステム
人財
生産設備
販路開拓
情報
逍遙
教育
M&A
販路開拓
資金
商品開発
技術移転
マーケティング

▲メインサイトへ戻る

以前の記事

▲メインサイトへ戻る

最新のトラックバック

▲メインサイトへ戻る

検索

▲メインサイトへ戻る

その他のジャンル

▲メインサイトへ戻る

ファン

▲メインサイトへ戻る

記事ランキング

▲メインサイトへ戻る

ブログジャンル

▲メインサイトへ戻る

画像一覧
<   2011年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
第70回大阪ベンチャー研究会のご案内 
秋は深まり、今年も残すところ2ヶ月となりました。年末商戦の口火が既に切って落とされ、歳暮のカタログが百貨店から届いています。2012年の年賀状も2011年11月1日(火)から発売されています。
9月から11月まで展示会のラッシュで、酷暑の夏にはじっとしていたものが一斉に動き出したという感じがあります。このまま年末になだれ込んでいくのでしょう。

さて、第70回の大阪ベンチャー研究会のお知らせを致します。

日時:2011年11月19日(土)14:00~17:20(研究会)、17:30~(懇親会)
場所:日刊工業新聞社大阪支社ビル10階[天満橋駅(地下鉄・京阪)]

第1部:14:00~16:00 事例報告

      テーマ「健康・環境・美とベンチャー」

◆第1報告:「リアル3D」印刷サービス事業について
★報告者:榎原 健一氏(有限会社ブレインズネットワーク代表取締役)
★榎原健一氏のプロフィール:
1959年大阪府生まれ、52歳。伊系コンピュータ・メーカー、仏系国際航空通信サービス等の
外資系営業を経て 国内工事会社の執行役員等を経験する中、新規事業開発を軸に活動していました。2001年5月に有限会社ブレインズネットワークを設立。ピラミッド型の系列に属さず独自のインフラ工事サービスを展開しつつ、3D印刷事業の開発に注力しております。
【講演の概要】
1枚のデジカメ写真データを「リアル3D」加工し、印刷するサービスです。
従来型の3D印刷技術を超えることで商材としての展開が可能となりました。また、2001年3月に世界初となる3D専用プリンタ(BT3746)を開発し、高品質、小ロット制作に対応できる環境が整いました。BT3746機でユニークなmovie印刷(動画約1~2秒を印刷)も可能となりました。

◆第2報告:「環境対応型発泡体」(緩衝材)事業の第二創業
★報告者:市川克一氏(ミヤコテック株式会社代表取締役)
★市川克一氏プロフィール:
会社創業は1961年、1999年に2代目社長として代表取締役に就任、90年代からの不況に立ち向かうべく、数々の開発品を手掛け、今回テーマも現社長のイニシアティブで事業確立しました。1950年生まれ、現在60才。会社案内の会社沿革2000年以降は社長主体の実績です。
【講演の概要】    
会社主事業はプラスチック成形にてパーツ制作の事業を展開しています。
2000年頃より、第二創業として社会にも注目される「環境」事業に進出し、プラスチック成形で培った技術を活かし製品開発し、この10年で全体売上の18%を占める事業に発展しました。製品の特徴は発泡スチロール(環境に良くない)の代替となるもので自然由来成分のみを使用し(古紙やでんぷん)、処分の際には可燃物扱いができる環境に優しい商品として販売展
開しています。

◆第3報告:「未来を照らす太陽光照明システム【スカイライトチューブ】」
★報告者:井上 昇氏(株式会社井之商代表取締役)
★井上 昇氏のプロフィール:
株式会社井之商 創業者、代表取締役、創業 1975年9月、滋賀県大津市生まれ、1952年5月、59才、
社団法人関西ニュービジネス協議会の2005NBK大賞「ヒューマン商品開発部門賞」を受賞。「滋賀CSR経営大賞」奨励賞を受賞。「第6回エコプロダクツ大賞」・エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)を受賞する。しがぎん「野の花大賞」を受賞する。
「採光装置」特許多数。住宅用取扱店が全国で300を超える。
【講演の概要】
太陽の光を直接利用して照明として使うことを考えました。電力のいらない太陽光照明システムの実現です。住宅に、工場に、今求められる地球環境、職場環境への取り組み姿勢、その答えがここにあります。

第2部 16:10~17:20 グループ・ディスカッション

グループに分かれて、報告者を囲み深堀でディスカッションを行います。その後、司会者(下記、世話人)がディスカッ ションの内容を他のグループの参加者にもわかるように全員に報告します。

*井上元久(株式会社 アルファ経営システム研究所代表取締役所長
                             alfa-consultant@nifty.ne.jp
*中村政温(中村公認会計士事務所 公認会計士・税理士)
                   masa.nakamura728@topaz.ocn.ne.jp
*稲次信男(株式会社ワークフロー研究所代表取締役)
                             nobuo-inaji@jttk.zaq.ne.jp
 

第3部 17:30~19:00 「交流会・懇親会」(うまいもん処「くねんぼ」)

交流会・懇親会では、ビジネスに関するコラボレーションが生まれています。
ベンチャービジネス、第二創業(新規事業開発)にご興味のある方の参加をお待ちしています。

詳しくは、下記の大阪ベンチャー研究会のHPをご覧ください
 http://www.osakaventure.com/  

                     
◆第67回~69回の大阪ベンチャー研究会以下の通りでした◆

第67回:テーマ「先端技術とベンチャー」
第1報告:通信モジュール搭載生体赤外線監視装置の開発・商品化の発表
     報告者:鈍渡喜一郎氏(株式会社 鈍渡技研電子工業 代表取締役)
第2報告:「これからのベンチャー企業に必要な海外との技術交渉の要点」
     報告者:坂井公一氏(大阪科学技術センターATAC会員)
第3報告:「暮らしの未来予想25~技術革新を創りだせ~」
     報告者:塚本昌彦氏(神戸大学大学院工学研究科電気電子工学教授)

第68回:テーマ「先端技術とベンチャー」
第1報告:「東大阪のITリテラシーと東大阪ITシティ計画の役割について」
     報告者:前田寛文氏(「週刊ひがしおおさか」代表)
第2報告: 「PEV/HEVの動向及びその電源― 新電池系へのビジネスチャンスは?―」
     報告者: 松本 功氏(㈱M&G エコバッテリ- 代表取締役)
第3報告: 「Fe-Al特殊合金『アルフェ』について」
    報告者:大神田 佳平氏(㈱アーバンマテリアルズ代表取締役)

第69回:テーマ「健康・環境・美とベンチャー」
第1報告:「高齢社会とこれからの介護」
     報告者:伊藤 茂男氏(株式会社 コンフォート代表取締役社長)
第2報告:「高齢者が求めるサービスをワンストップで提供する24時間在宅ケア事業」
      報告者:南延夫氏(ケアコール名張株式会社 事業部長)
第3報告:美容と肌の健康に最適ーオール・チタン製美容ローラー:潤い
     報告者:岡 唯史氏(有限会社 ポプラス代表取締役社長)


    ◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆               
            株式会社アルファ経営システム研究所                             
           http://homepage1.nifty.com/alpha-consultant/  
    
    ◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆

      


     
[PR]
by alpha-blog | 2011-11-02 18:21 | ベンチャー