コンサルタントの逍遙

▲メインサイトへ戻る

カテゴリ
全体
ベンチャー
企業理念
企業ビジョン
経営戦略
単年度経営計画
マネジメントシステム
オペレーティングシステム
人財
生産設備
販路開拓
情報
逍遙
教育
M&A
販路開拓
資金
商品開発
技術移転
マーケティング

▲メインサイトへ戻る

以前の記事

▲メインサイトへ戻る

最新のトラックバック

▲メインサイトへ戻る

検索

▲メインサイトへ戻る

その他のジャンル

▲メインサイトへ戻る

ファン

▲メインサイトへ戻る

記事ランキング

▲メインサイトへ戻る

ブログジャンル

▲メインサイトへ戻る

画像一覧
<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
変化も、また好し!
第43回の大阪ベンチャー研究会は、何時も使用しているドーンセンターではなく、エル大阪の楓の間という座敷で行いました。懇親会も同場所で行うことになり、何時もと勝手が異なり研究会の進行が円滑に進むか懸念しておりました。
しかし終わってみると進行に特に差し支えたところもなく、懇親会の準備・段取り及び内容に関しても、問題なく進行しました。むしろリピートの要望が出たぐらいで、時々は変化のある取り組みも必要かと思われました。次回は再びいつものドーンセンターに予約を入れております。

第一部の3件のテーマもそれぞれの特徴があり、グループディスカッションも活発に行われました。
グループディスカッションでは、多士済々の参加者から辛口の意見が出たり、発表者側から本音が出たりと、通常の質疑応答を超えた内容で進行しました。参加者からの提案も多々出てくるので、発表者にとっては随分参考になることと思われます。

また、その雰囲気に刺激を受けて、参加者から予定外のプレゼンテーションが飛び入りであったりもします。今回もベンチャーの研究会らしく終始しました。
[PR]
by alpha-blog | 2009-07-21 17:38 | ベンチャー
第43回 大阪ベンチャー研究会の開催
事務所を置いているマンションの紫陽花は、例年よりも花の咲く数が少なく、既に盛りも過ぎてしまいました。他の植栽は強剪定で見事に涼しげなのですが、紫陽花だけは残されています。過去に最盛期の時に剪定したことがあり、管理会社及び造園業者に配慮するように伝えたのが影響しているのかな・・・?

さて、第43回の大阪ベンチャー研究会の内容をお伝えします。

日時:2009年7月18日(土)13:30-16:30
場所:エルおおさか(大阪府立労働センター)10階宴会場 

       
Ⅰ 第1部:13:30~15:30 テーマ「先端技術とベンチャー」(プレゼンテーション)

 1.テーマ「天然素材で新型インフルエンザ対策商品の開発・販売」
   報告者:岩井一夫氏(株式会社ジェイシーエス代表取締役)
   
株式会社ジェイシーエスは平成10年2月、京都で創業、その後、堺から大阪中央区に移転、現在に至る。事業は天然素材のヒノキチオールを用いた抗菌・消臭剤「Gクリーン」をベースに商品開発を行ってきました。おもに食品に関連する食中毒菌の防御が主事業で、病原性大腸菌O157,サルモネラやカビ類の除去製品を開発、販売を行ってきました。その過程で新規事業として3年前から鳥インフルエンザに効果のある製品の開発を行ってきました。本年、世界中を震撼させた新型インフルエンザは、鳥ではなく豚インフルエンザであったことから、専門家の間では裏をかかれたと言っています。しかしこの元は鳥インフルエンザであることはあまり知られていません。3年前から京都産業大学鳥インフルエンザセンターの大槻教授、大阪府立大学大学院と組んで鳥、ヒトインフルエンザに効果のある消毒剤の開発を行ってきました。2年前より、農水省の補助金をいただき昨年開発に成功し、商品化を行ってきました。ベンチャーの最大の山場である販売をどうするかが、テーマとなっています。そのあたりを発表したいと考えています。なお、弊社は大阪府立大学発ベンチャー企業です。

  2.テーマ「先端技術を使った、CO2&コスト削減」
    報告者 河内康由紀氏(コスト削減環境経営革新研究会 CSKK代表)
    
昭和47年大阪府豊中市生まれ。大阪学院大学を卒業後、金融機関を経て父の経営するキャラクターライセンス業を行う。その後、中小企業振興を行う公的機関職員を経て今年4月、コスト削減環境経営革新研究会(CSKK)を設立。事業内容は、企業のコスト削減・CO2削減に関するコンサルタント業務・従業員教育やセミナー。(具体的には、エネルギー・通信・賃料・運送・税務など事業に掛かるあらゆるコスト・CO2の見直し。)改正省エネ法、温対法に関する相談と対策。店舗および事務所の開設に関するコンサルタント業務。コスト削減・CO2削減に関する商材・機器、サービスの商品化相談。今回は「先端技術を使った、CO2&コスト削減」と題してエネルギー削減における先端技術の活用をお伝えします。

  3.テーマ「位置情報付ビデオ映像取得・閲覧システム“GARC”(ガーク)の紹介」
     報告者:廣瀬尚三氏(株式会社エルゴビジョン代表取締役社長)

1987.3 大阪大学基礎工学部生物工学科卒業、1989.3 大阪大学大学院基礎工学研究科物理系専攻生物工学分野修了(工学修士)、脳神経科学、主に脳の可塑性に関する研究を行う。1989.4 株式会社オージス総研入社(大阪ガスグループ)人間工学、人工知能、橋梁計測ロボット、地中探査レーダー画像解析等 のソフトウェアの研究開発に従事、1992-93 米カーネギーメロン大学ロボティックス研究所Visiting Scientistとして在籍、顔画像の認識、表情の研究等を行う、2003,4 デジタルヒューマン技術協議会運営委員就任、2005.6 株式会社オージス総研退職、2005.7 株式会社エルゴビジョン設立 代表取締役就任。
ハイビジョンビデオ映像、GPS位置情報、地図情報等を融合し、 道路や鉄道の維持管理に必要なデータ収録、閲覧・編集・計測、 データベース化までをパッケージングした商品を販売している。 維持管理業務の大幅な効率化、コストダウンが可能。


Ⅱ 第2部 15:30~16:30「先端技術とベンチャー」(グループディスカッションと概要報告)

 3つのグループに分かれて、報告者を囲んで深堀でディスカッションします。
 その後、グループ司会者が概要を全体に発表します。

Ⅲ 交流会・懇親会:16:40~18:30 

詳しくは大阪ベンチャー研究会HPをご参照下さい   http://www.osakaventure.com/  
[PR]
by alpha-blog | 2009-07-13 11:33 | ベンチャー