コンサルタントの逍遙

▲メインサイトへ戻る

カテゴリ

▲メインサイトへ戻る

以前の記事

▲メインサイトへ戻る

最新のトラックバック

▲メインサイトへ戻る

検索

▲メインサイトへ戻る

人気ジャンル

▲メインサイトへ戻る

ファン

▲メインサイトへ戻る

記事ランキング

▲メインサイトへ戻る

ブログジャンル

▲メインサイトへ戻る

画像一覧
<   2009年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
示唆に富む、プレゼン!
18日(土)に第40回として、大阪ベンチャー研究会を再開することができました。世話人各位の準備と運営における協力、プレゼンを引き受けていただいた講師の方々、そして研究会へ参加していただいた皆様のまさに三位一体のたまものです。

甲南アセット社長小林氏の経営運営におけるプレゼンの要点は以下の通りです。
①ビジネスモデルを確立すること
②一定の期間でビジネスを変化させることが命題である(M&Aを活用)
③「高く買って安く売ること」・・・・懇親会でも経営のコツとして強調されました。

ジェイ・ライン取締役福島氏のブログについての要点は以下の通りです。
①ブログの普及によりAIDMA→AISASと発展した。
②ブログを活用することにより集客力が高まり、商圏が広がる。
③ブログとホームページの垣根が無くなる。

エイ・アイ・シー社長竹村氏の世界初オンデマンドプリントにおける要点は以下の通りです。
①開発したDirect Jetオンデマンドプリントには、コストダウンなど5大メリットがある。
②4兆円の市場がある。
③不況だから売れる。

講演者を囲んでのグループディスカッションでは、更に細部に亘って有意義なディスカッションができました。
参加者は価値ある時間を共有できたことと思います。
[PR]
by alpha-blog | 2009-04-20 13:55 | ベンチャー
第40回大阪ベンチャー研究会のご案内
桜の花は満開!
大阪では所々、やや満開も過ぎたところも出てきております。今年は満開の時期に、快晴が続き素晴らしいお花見の環境となりました。本日は5月中旬並みの陽気とか!
第40回大阪ベンチャー研究会も再開の目途が付き、4月第3土曜日に開催いたします。
今期の大テーマは「関西活性化とベンチャー」で、各期間でそれぞれテーマを設定しています。
4月~6月:地域活性化とベンチャー
7月~9月:ICT・バイオ・ナノ
10月~12月:地球環境・健康・美
1月~3月:女性・学生ベンチャー

                                記

日時:2009年4月18日(土)13:30-16:30その後、交流会&懇親会
場所:大阪府立女性総合センター(通称、ドーンセンター)5階視聴覚スタジオ                          

Ⅰ 13:30~15:00 統一テーマ「地域活性化とベンチャー」

1.テーマ「第3創業期と夢ー起業家育成に挑戦するー」
   報告者:小林宏至氏(株式会社甲南アセット代表取締役社長、関西ニュービジネス協議会 常任理事)

3年前、大阪ベンチャー研究会で、㈱甲南チケットの代表取締役社長として、第2創業期の成功の秘訣について、経営理念やビジネスモデル策定の重要性を熱っぽく語って頂きました。
その後、同社はM&Aで大手信販のオリコに譲渡、今や第3創業期に入ったとし、㈱甲南ファースの代表取締役社長として、ビル経営を始め、インキュベーション施設の格安貸出、「起業の鉄則研究会」「田舎de起業研究会」「兵庫エンジェルズフォーラム」など、「起業家育成の支援」を軸にした地域活性化のための活動に精力的にとり組まれている。
ちなみに、小林社長は、前回の『失敗しない起業の鉄則』 (商業界)、『小さな会社がキャッシュフローで儲ける法』(商業界)を刊行された後も、第3冊目の実践経営の著として『商人道に学ぶビジネスの鉄則』(商業界)を刊行されている。

2.テーマ 「地域ブログから始まる地域活性化」
   報告者:福島将人氏(ジェイ・ライン株式会社 取締役)  

1974年(昭和49年)生まれ 現在33歳、ブログシステム[CLOG」の開発とそのシステムを使用し地域に特化した「ご当地ブログ」の展開に携わる。この「ご当地ブログ」は2009年2月現在、全国46の都市で稼動中。ご自身のブログ歴は約5年。
公私を含めて計4つのブログを運営されている。ブログはURL:http://leader.osakazine.net 参照

3.テーマ「世界初!オンデマンド・プリント、溶剤系ダイレクトプリント方式インクジェットプリンター」
   報告者:竹本 公士氏(株式会社エイ・アイ・シー 代表取締役)   

1999年4月、シルク印刷の製造手法であるセーフティサインの製造メーカーとして設立、その後、デジタル技術である。
大型インクジェットマシンを使用した看板、広告業務を行う企業としても成長している。今回は長年かけて研究してきた素材にダイレクトにプリントできるフラットベット型溶剤系インクジェット機を世界で始めて開発し販売を開始したので、それを中心に報告される。機種はA3サイズの小型機と1mx2mサイズの大型機の2機種、国内のみならずJETROの協力得て海外への展開も開始している。 

Ⅲ 交流会・懇親会:17:00~19:00 うまいもん処「くねんぼ] http://www.kunenbo.co.jp/



      
[PR]
by alpha-blog | 2009-04-09 12:23 | ベンチャー