コンサルタントの逍遙

▲メインサイトへ戻る

カテゴリ

▲メインサイトへ戻る

以前の記事

▲メインサイトへ戻る

最新のトラックバック

▲メインサイトへ戻る

検索

▲メインサイトへ戻る

人気ジャンル

▲メインサイトへ戻る

ファン

▲メインサイトへ戻る

記事ランキング

▲メインサイトへ戻る

ブログジャンル

▲メインサイトへ戻る

画像一覧
<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
第37回大阪ベンチャー研究会の開催
食欲の秋ともなると、グルメ散策を始めることとなります。北新地のランチをターゲットにして、上手い、接客良し、雰囲気良し、値段は適当(庶民並み)の店を探しています。
事務所からはおおよそ徒歩25分~30分(片道)で運動も兼ねています。もっとも北新地へ出向くことができるのは、よく行けて1~2回/週 位でしょうか。

時のたつのは早いもので、大阪ベンチャー研究会は第3回の総会を迎えることになります。 
そこで、毎回のベンチャー企業の発表とともに、竹田 忍氏をお迎えして記念講演を行います。
開催場所の追手門学院大阪城スクエア6階からは、大阪城が目の前の見え、西日が城の金飾りに映えるなど素晴らしい景色が楽しめます。
また、今回は第6回関西ベンチャー学会、ベンチャーマーケティング研究部会の共同開催ともなります。

開催日時:2008年10月18日(土)14:00-17:00 
       その後、交流会&懇親会(自由参加、会場で受付)
開催場所:追手門学院大阪城スクエア6階 (地下鉄天満橋駅下車、ドーンセンター南隣)

Ⅰ 14:00~15:10 「パネルベイ 関西経済の成長エンジン」
        報告者:竹田 忍氏(日本経済新聞社大阪本社 編集局経済部編集委員)

S58年3月 神戸大学経済学部卒、S58年4月 日本経済新聞社入社、大阪本社編集局社会部で大阪府警捜査一課担当(グリコ森永事件などを取材)、大阪本社編集局経済部、同経済一部、東京本社編集局産業部で関西財界と医薬、コンピューター、エレクトロニクス、機械、エネルギー、建設の業界を担当、日米スーパーコンピューター摩擦、ゼネコン汚職、建設談合問題などを取材、H9年3月 大阪本社編集局経済一部次長、H11年3月 松本支局長、H14年3月 東京本社編集局産業部次長H16年3月 大阪本社編集局地方部次長、H18年3月 大阪本社編集局経済部次長兼編集委員、H19年3月から現職、家電、建設談合問題、関西財界、在阪私鉄、電力・ガス業界などを担当、製造業の国際競争力をテーマに継続的に取材、この1年は液晶・プラズマ・有機ELの薄型テレビ、太陽電池、原子力発電を集中的に取材、今回はこれらを中心に講演予定とされています。

Ⅱ 15:30~16:40 「関西に本拠を置く、当社の戦略について」
       報告者:西口雅人氏(プロフ精密株式会社代表取締役社長)

大手のコネクタメーカーを退職後、1997年6月に設立。現在は国内に6工場、海外に2工場を展開し、国内外で携帯電話、情報家電、車載などの精密電子機器に組み込まれる超高精度のコネクタを組み立てる自動機や治具の省力化機械、樹脂成形金型及び金属加工の設計製作、製品組立・検査・梱包及び出荷、樹脂成形を主事業とされています。
日本には中国人スタッフ、中国には日本人スタッフが常駐し、煩雑な輸出入業務にも迅速に対応致。グローバルネットワークと豊富な実績を基に試作から量産まで、最適な製品製作のサポートを実行。日々変化する顧客ニーズに対し、提案型営業をモットーに苦労を惜しまず顧客からの「信頼・信用」獲得を目指し日々努力を続けておられます。
「出来ません」と言う前に少しでも可能性があれば実行し失敗を恐れてはならない。それは確かにリスクがあるが、それを克服する事によって技術の進歩が必ずあるはずだと信じていらっしゃいます。今後は今まで培った独自ノウハウと技術力を活かし、LEDを応用した商品開発や電子機器製品開発の展開も行い、新たな成長ステージへとチャレンジされようとしています。社名の由来は、そのまま「ものつくりのプロフェッショナル集団」になるようにと願い命名されています。
ものづくりのプロフェッショナル集団として、省力化を必要とするお客様との信頼関係を構築し、コアコンピタンスの向上に力を注ぎ、社会に貢献できる企業であり続けたいと願っていらっしゃいます。
  
Ⅲ.交流会・懇親会:17:00~19:00 うまいもん処「くねんぼ]

詳しくは大阪ベンチャー研究会HPにて。 http://www.osakaventure.com/
        
[PR]
by alpha-blog | 2008-10-16 19:24 | ベンチャー