コンサルタントの逍遙

▲メインサイトへ戻る

カテゴリ
全体
ベンチャー
企業理念
企業ビジョン
経営戦略
単年度経営計画
マネジメントシステム
オペレーティングシステム
人財
生産設備
販路開拓
情報
逍遙
教育
M&A
販路開拓
資金
商品開発
技術移転
マーケティング

▲メインサイトへ戻る

以前の記事

▲メインサイトへ戻る

最新のトラックバック

▲メインサイトへ戻る

検索

▲メインサイトへ戻る

その他のジャンル

▲メインサイトへ戻る

ファン

▲メインサイトへ戻る

記事ランキング

▲メインサイトへ戻る

ブログジャンル

▲メインサイトへ戻る

画像一覧
<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
インド哲学を教えていただきました
財団法人社会経済生産性本部が発行している生産性新聞に「一言」というコラムがあります。 7月25日号は日本賃金研究センター代表幹事の楠田丘先生が「日本の人事の原点~インド哲学を大切に」のテーマで執筆されていました。そのコラムの中で、インド哲学は3ヶ条からなっているとして
①人の価値は皆同じ(差別なき人材育成) 
②人の価値観は皆異なる(個の尊重)
③各人の現状は過去の環境の運・不運の結果である(思いやりが大切)
とお書きになっていました。

私自身のカオス状態にあった思いが見事3ヶ条に集約されており、強く感銘を受けました。
[PR]
by alpha-blog | 2006-07-30 21:04 | 企業理念
グループディスカッションの魅力
大阪ベンチャー研究会では、プレゼンターを囲み、質問、意見、提案などを交わすグループディスカッションの時間を持っています。ツーウエイ・スリーウエイコミュニケーションを図り、事業への理解を深めると共に、事業への有益なアドバイスも出されます。時には厳しい意見もでますが、事業のブラッシュアップに繋がることになるでしょう。
参加者はベンチャー企業の関係者、ベンチャーキャピタル、公認会計士、コンサルタント、大学の教授、学生など多彩です。
多くのベンチャー企業が事業の周知、第三者意見を聞く、コラボレーション相手を見つけるなどの場として活用していただきたいと願っています。
[PR]
by alpha-blog | 2006-07-27 19:43 | ベンチャー
7月度 大阪ベンチャー研究会の開催
1ヶ月はあっという間!

早くも、大阪ベンチャー研究会の第10回が目の前に迫っています。
今回も有望なベンチャー企業の代表者にプレゼンテーションを行っていただきます。
その後、参加者全員がそれぞれのグループに分かれてディスカッションを行います。プレゼンテーターへの質問や意見が多様な立場の方々から出されて、プレゼンテーターにも参加された方々にも大変意義のある内容となっています。更にその続きは交流会でとなっており、親密度は一層増します。ベンチャー企業や起業に関心のある方の参加を待っています。

◆日時 2006年7月15日(土)18:00~20:00 
◆会場:ユーズツー(大阪駅前第1ビル、ヒルトンホテルの前)
     大都ビル4F(代)06-6345-1325
◆プレゼンテーション 
 1.18:00~18:20 加藤 一夫氏(フェリア有限会社代表取締役)                   神戸大学大学院工学研究科計測工学専攻修丁後、グローリーエ業(株)に            8年、(株)キーエンスに7年勤務、2004年にフェリア(有)設立。レーザー発振          器の開発を行い、レーザー加工装置やレーザー医療装置の開発を目指してい          ます。その他に医療用分光測定器開発、レーザー共焦点蛍光顕微鏡開発、レ          ーザードップラー流速センサ開発などを行っています。光技術を核とした設立           間もないアーリーステージのベンチャー企業です。

 2.18:20~18:40稲垣 欣一氏(有限会社ランクコ−ポレ−ション代表取締役            CAD/CAM業界で活躍中。CADからNCマシンを可動させる為の加工データ          の作成システムの開発と販売。これまでCAD⇒CAM⇒NCデータの間で数学          式を介して加工データの変換が行われてきた(MITで開発されたAPTが主流)          のに対し、CADデータをベクトル変換した点に特色を有されています。

 3.18:40~19:00 宮田泰彦氏(株式会社ビヨンディット代表取締役)
兵庫県「生活・サービス産業創出支援事業」、神戸市産業振興財団「KOBE ド            リームキャッチプロジェクト」、JETROベンチャー・インキュベーション in USA           などの認定企業、社内用あるいは対外用ソフトウェアの開発費用が高い,なか          なか思うような 品質のソフトウェアが開発できない,あるいは,優秀なエンジニ          アを確保することが 難しい,とお困りの法人様に対して,インドの優秀なソフト           ウェア開発企業と提携することで実現した受託開発サービスを提供。今回はソ          フトウェア開発とは何か,開発を委託する場合の勘所などについて報告して下          さいます。

◆グループ・ディスカッションとまとめ
  1.19:00~19:40 ベンチャーを囲んで、深堀で、グループ・ディスカッション
  2.19:40~20:00 司会者(いずれも本会の世話人)による討議の内容の報告
    1.井上元久(株式会社 アルファ経営システム研究所代表取締役所長)
    2.中村政温(中村公認会計士事務所、公認会計士) 
    3.前田 勇(㈱アイティーシステム代表取締役社長)       

◆交流会・懇親会:すぐ隣のビルの「吉今」(西梅田店:レイズ梅田ビル地下1階)で行います
 *研究会当日会費:会員と学生は500円、一般社会人非会員は1,000円〔会場受付でお支  払い下さい〕
 *交流会&懇親会費(参加自由):3.000円(学生は2000円)
 
[PR]
by alpha-blog | 2006-07-09 14:52 | ベンチャー