コンサルタントの逍遙

▲メインサイトへ戻る

カテゴリ
全体
ベンチャー
企業理念
企業ビジョン
経営戦略
単年度経営計画
マネジメントシステム
オペレーティングシステム
人財
生産設備
販路開拓
情報
逍遙
教育
M&A
販路開拓
資金
商品開発
技術移転
マーケティング

▲メインサイトへ戻る

以前の記事

▲メインサイトへ戻る

最新のトラックバック

▲メインサイトへ戻る

検索

▲メインサイトへ戻る

その他のジャンル

▲メインサイトへ戻る

ファン

▲メインサイトへ戻る

記事ランキング

▲メインサイトへ戻る

ブログジャンル

▲メインサイトへ戻る

画像一覧
<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
熱気あふれる大阪ベンチャー研究会でありました 
学生ベンチャーの方々は熱のこもったプレゼンテーションをされて、会場からは質問が多々出され、熱気あふれる運びとなりました。プレゼンテーションが一通り済んだ後、発表者を囲んでのディスカッションとなり、各グループとも参加者から多くの意見が出され、司会進行を担当した各世話人から報告がありました。

参加者は学生の皆さん以外に、ベンチャー企業の経営者、公認会計士、弁理士、公務員、経営コンサルタント、大学の先生など多彩な方々が参加され、それぞれの立場からのアドバイス、意見、質問があり学生ベンチャーの皆さんにとっては有益であったと思います。
また、大阪ベンチャー研究会からも優秀賞を贈呈することとになりました。

その後の交流会も学生の皆さんの参加が多く、大変盛り上がり、時の経つのもあっと言うまで、今後のベンチャー企業のプレゼンテーションもこのような状況になるであろうと思う一日でありました。
[PR]
by alpha-blog | 2006-05-21 20:08 | ベンチャー
5月度 大阪ベンチャー研究会の開催
5月20(土)午後6時から、大阪市立大学文化交流センターで、5月度の大阪ベンチャー研究会が開催されます。今月は学生ベンチャー特集となっています。

最近、日刊工業新聞社など有力な機関が主催して、学生ベンチャーにプレゼンテーションの場を設定し、優良なプレゼンテーションには賞を出し、激励されています。
学生ベンチャーの存在を広く知らせることは、ベンチャー企業の事業にとってPRとなり販促活動としての側面もあり、価値のある支援となります。

そのような状況を受けて、学生ベンチャーで賞を獲得した方々をお招きしての研究会となっています。プレゼンテーションの後、発表者を囲んでディスカッションを行います。大変楽しく、価値ある時間がもてると思っています。ベンチャーにご興味のある方の参加をお待ちしています。

発表される方々とディスカッションの内容は以下の通りです。

    「消費者参加型 携帯広告コンテンツ事業」(神戸ドリームフィールド)
       兵庫県立大学 経営学部 野呂太祐、神戸商科大学商経学部 静 由姫

    「ペットシャンプー新規事業」(株式会社プリマコスメディコ)
追手門学院大学 経営学部 西 陽介

    「ジェネリック医薬品普及のためのシステム構築」
       京都大学大学院 医学研究科 水本尚宏

    「複合セラミックを用いた凍結血液急速解凍装置の開発」
       大阪大学大学院 医学研究科  柏井将文 

              -暫時休憩―

報告者を囲んでグループに別れて少し深堀で質疑応答を継続、その後、各グループの司会者から全員にその内容を報告します。今回は下記の当研究会世話人メンバーが司会役を務めます。
   井上元久(株式会社 アルファ経営システム研究所代表取締役所長)
   中村政温(公認会計士)
   今村一真(兵庫県立西宮高校教諭) 
   前田 勇(㈱アイティーシステム代表取締役社長)

大阪ベンチャー研究会のホームページは下記の通りです。ご参照ください。
URL: http://www.osakaventure.com 
[PR]
by alpha-blog | 2006-05-15 11:54 | ベンチャー
GWは5S運動を実践するのに適切な期間?
GWに段ボール箱に入ったままの状態であった書籍や資料が書棚に収まり、既に収まっていたものも含めて、整理整頓を行いました。
5S運動では、整理とは必要なものと不要なものとに分けて、不要なものは捨てることであり、整頓とは整理されたものを直ぐに取り出せるように置く場所を決めることと定義されています。その定義からすると80点ぐらいでしょうか。

5S運動は生産性を上げるために、現場改善で使われている手法でありますが、汎用的に利用することができ、上記した書籍や書類の整理整頓などの事務管理だけでなく、マーケティングなど他の管理手法にも応用できます。
5S運動の他にも生産管理、品質管理などで使われている主な手法を上げると、IE(インダストリアル・エンジニアリング)、QC7つ道具、QC新7つ道具などがあり、Q(品質)、C(コスト)、D(納期)S(安全)を改善し、適正化を図るために開発された手法であることは周知のことです。これらの手法のベースにある基本的な概念は経営全般に応用できるものであり、そのために手法そのものも汎用性があるのでしょう。

事業計画書のブラッシュアップ、情報収集のためインテックスおおさかで開催されていたインテックス・フェスタ2006への参加、大阪ベンチャー研究会の世話人会など充実(?)したGWでありました。
[PR]
by alpha-blog | 2006-05-08 11:21 | オペレーティングシステム