コンサルタントの逍遙

▲メインサイトへ戻る

カテゴリ
全体
ベンチャー
企業理念
企業ビジョン
経営戦略
単年度経営計画
マネジメントシステム
オペレーティングシステム
人財
生産設備
販路開拓
情報
逍遙
教育
M&A
販路開拓
資金
商品開発
技術移転
マーケティング

▲メインサイトへ戻る

以前の記事

▲メインサイトへ戻る

最新のトラックバック

▲メインサイトへ戻る

検索

▲メインサイトへ戻る

その他のジャンル

▲メインサイトへ戻る

ファン

▲メインサイトへ戻る

記事ランキング

▲メインサイトへ戻る

ブログジャンル

▲メインサイトへ戻る

画像一覧
カテゴリ:オペレーティングシステム( 1 )
GWは5S運動を実践するのに適切な期間?
GWに段ボール箱に入ったままの状態であった書籍や資料が書棚に収まり、既に収まっていたものも含めて、整理整頓を行いました。
5S運動では、整理とは必要なものと不要なものとに分けて、不要なものは捨てることであり、整頓とは整理されたものを直ぐに取り出せるように置く場所を決めることと定義されています。その定義からすると80点ぐらいでしょうか。

5S運動は生産性を上げるために、現場改善で使われている手法でありますが、汎用的に利用することができ、上記した書籍や書類の整理整頓などの事務管理だけでなく、マーケティングなど他の管理手法にも応用できます。
5S運動の他にも生産管理、品質管理などで使われている主な手法を上げると、IE(インダストリアル・エンジニアリング)、QC7つ道具、QC新7つ道具などがあり、Q(品質)、C(コスト)、D(納期)S(安全)を改善し、適正化を図るために開発された手法であることは周知のことです。これらの手法のベースにある基本的な概念は経営全般に応用できるものであり、そのために手法そのものも汎用性があるのでしょう。

事業計画書のブラッシュアップ、情報収集のためインテックスおおさかで開催されていたインテックス・フェスタ2006への参加、大阪ベンチャー研究会の世話人会など充実(?)したGWでありました。
[PR]
by alpha-blog | 2006-05-08 11:21 | オペレーティングシステム